妊娠検査薬の使い方やタイミングなど、妊娠検査薬の疑問を解決!

妊娠検査薬の使い方やタイミングなど、妊娠検査薬の疑問を解決しているサイトです。

 

 

妊娠検査薬とは?蒸発線って何のこと?

妊娠検査薬とは、妊娠すると増加してくるHCGと呼ばれるホルモンの有無を調べることで、妊娠しているかどうかを判断する試薬です。

 

着床するのは、排卵し受精してからおよそ1週間〜10日後と言われています。

 

その時点からHCGの値は少しずつ伸びていきます。病院などでは早期に判定できる妊娠検査薬を使用したり、血液検査で血中のHCGを測定するため、生理予定日頃には判定が可能となります。

 

しかし、自分で市販の妊娠検査薬を使用して検査する場合、生理予定日1週間後以降でなければ正確な判定が出ません。

 

使用法は尿を検査薬にかけるかひたすかして、指示通りの時間を置き、陽性ラインに線が見えれば陽性、出なければ陰性となります。

 

ただし、長い時間検査薬を置いておくと陰性なのに線が出ることがあります。

 

これは蒸発線と呼ばれるもので妊娠しているわけではありません。しっかり使用説明を読み正しく使用することが大切です。

 

妊娠検査薬の使い方って?

月経が遅れていて妊娠したかも、と思ったら、まずは妊娠検査薬を使って、妊娠をしているかどうか確かめましょう。

 

妊娠検査薬は薬局で購入することができます。

 

使い方はとても簡単です。毎月の月経が始まる予定の日から約1週間ほど経った頃に、妊娠検査薬の試薬の部分に尿を少しだけかけ、1時間ほどそのままにしておきます。

 

妊娠をしていれば、妊娠している時にのみ尿に含まれる、独特の成分が試薬と反応して、陽性のラインがくっきりと浮き上がってきます。

 

最初のうちはぼんやりしていても、時間が経つにつれてラインが濃くなります。

 

ただ、月経開始予定日の1週間後より早めに検査をすると、妊娠をしていてもラインが浮かび上がらないこともあります。

 

妊娠検査薬の時期・タイミングとしてはいつから使える?

妊娠を希望していると、毎月の生理予定日前はいつもドキドキするものですよね。

 

少しでも生理が遅れると妊娠検査薬を使いたくなるものですが、検査薬を使うには正しいタイミングがあります。

 

一般にドラッグストア等で陳列されている妊娠検査薬は生理予定日1週間後からの物が多いようです。

 

私自身経験がありますが何日かフライングして検査をしても陽性反応が出ることはありますが、正しい判定がほしいならきちんと守った方がいいですね。

 

他にドラッグストアや薬局等で薬剤師さん等から買える生理予定日当日から使えるという物もあります。

 

海外性の物だと生理予定日前から使えると謳っている物もありますが、あまりにも早期だと99.9%確実等と書かれおらず確実性に疑問のある場合もあるので購入する検査薬自体良く選ぶ事をお薦めします。

 

妊娠検査薬のフライング検査とは?

妊娠を望んでいる人にとって、妊娠しているかどうか少しでも早く知りたいと思うのは、当然だと思います。

 

しかし妊娠検査薬というのは生理予定日1週間後以降に使うものです。

 

待ち切れずに妊娠検査薬を使用してしまうことをフライング検査と言います。

 

待ち切れずにフライング検査をしても、その結果は精度に欠けます。陽性であっても妊娠していなかったり、陰性であっても妊娠していたり。

 

陽性であったのに妊娠していなかった場合のショックは、はかり知れません。

 

一般の妊娠検査薬は生理予定日1週間後からの判定ですが、早期妊娠検査薬という物があり、生理予定日当日から生理予定日数日前からの検査が可能です。

 

これはインターネットでの購入もできますし、薬剤師のいる薬局で購入することもできます。

 

妊娠検査薬の反応が薄い場合に考えられるのは?

妊娠すると、受精卵の一部からは胎盤の絨毛組織が作られ、そこからヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが分泌されます。

 

妊娠検査薬は、このホルモンに反応して判定ラインが現れる仕組みになっています。

 

しかし、妊娠していても、検査時期が早すぎると、この判定ラインが薄くしか出ないことがあります。

 

一般的な検査薬では、生理予定日1週間後から検査可能となっていますが、この生理予定日とは、排卵日から2週間後のことです。

 

つまり生理周期が乱れていたりすると、排卵から十分な時間が経っていないため、正確な検査は出来ないのです。

 

判定ラインが薄い時は、2,3日後に再検査してみてください。

 

また、判定ラインではなく、検査が終わったことを示す終了ラインが薄い時は、尿が不足していたりうまくしみ込まなかった可能性がありますので、もう一度新しい妊娠検査薬で再検査してください。

 

着床出血って?着床出血で妊娠検査薬は反応する?

妊娠を望んでいる人にとって妊娠初期症状や妊娠検査薬を使う時期などは気になるものです。

 

初期症状の1つとして着床出血というものがあります。

 

受精卵は卵管を通って子宮に到達し、子宮壁に潜り込むのですがこのときに子宮壁を傷つけ、それが体外に排出されるケースがあります。

 

微量ですし、人によってはまったくないという場合があるので、それだけで一概に妊娠と判断できるわけではありません。

 

時期は生理予定日前後、うすいピンク色や茶色っぽい色で少量のみというケースが多いようです。

 

妊娠検査薬は着床出血に反応するわけではなく、着床すると同時に体内で産生されるHCGというホルモンがあるかどうかを調べるものです。

 

市販の妊娠検査薬の場合、HCGが増加してくる生理予定日の1週間後から判定が可能です。

 

もっと早く知りたいという場合は、微量のHCGでも反応する早期妊娠検査薬を使用すれば、生理予定日からの判定が可能です。

 

【最後に】妊娠検査薬で陽性が出たらやっておくべきこと

妊娠検査薬で陽性が出たら、まずは産婦人科に行って、実際に妊娠しているかどうかを確認しましょう。

 

そして、次にやるべきことは、葉酸の摂取です。

 

妊娠初期に胎児の脳や神経などが作られますが、そこで必要な栄養分が葉酸になります。

 

特に、妊娠3ヶ月目までが大事な期間になってくるので、早めに葉酸を摂取しましょう。

 

特に定評があるのが、「はぐくみ葉酸」というサプリメントです。

 

キャンペーンページで返金保証付きの最安値で購入可能です。

 

▼キャンペーンページ【返金保証付き】▼

妊娠検査薬

 

もちろん、他の葉酸サプリでも構いませんが、何にせよ、妊娠初期で葉酸サプリの摂取は必須ですので、欠かさないようにしましょう。

 

また、まだ妊娠しておらず、妊活中の場合には、同じ会社が販売している「ハグクミの恵み」というサプリもオススメです。
妊娠しやすいカラダを作るためのサプリメントです。

 

>>ハグクミの恵みの詳細はコチラ